enjoy cool life

okablog

Golf Product Review Thailand

ゴルフナビをタイのゴルフ場で試す -GARMIN(ガーミン) Approach S60

投稿日:12/04/2018 更新日:

スマートウォッチタイプのゴルフナビGarmin Approach S60)をパタヤで試してみました。

灼熱の炎天下でタイのゴルフ場でも役に立つのか実際に使用してみました。

タイのゴルフ場では、専属キャディさんがプレー中打つ方向や距離を英語、日本語、時にタイ語で教えてくれます

最初英語だったのが、聞き返したりすると日本語になったり、面倒になるとタイ語になったり。。。教えてくれるのは、距離にしても、グリーまでなのか、フラッグまでなのかよく分からないでやっていることがままあります。

全般的にややコミュニケーションに難ありで、キャディさんの力量も違います。キャディさんと言っても、タイのゴルフ場ではプロを目指すような自分でゴルフができるキャディはまずいません。 新人はOJTで見様見真似でやってます。

日本で電動カートにはナビの装備があることが多いですが、タイでは見たことありません。

今回は、日本でも使っている世界中のゴルフ場で使用できる時計型のゴルフナビを持っていきました。

どのような製品かというと

Garmin golf から以下引用

https://www.garmin.co.jp/garmin-golf/

世界に通用するGPSゴルフナビ

1)ラウンド以外でもあなたのライフスタイルに寄り添うGPSゴルフウォッチ

ゴルフ以外でもGPS機能を使用してランニングのスピードや距離の測定などが可能です。運動関係のアプリが各種インストール可能ですが、Apple Watchに似たような機能ですがゴルフ以外には実際にはあまり使用していません。

2)直射日光の下でも視認性の良い1.2インチの大型カラータッチスクリーンを採用

直射日光の下でもスマホの画面よろ視認性は良好です。右サイドのボタンとタッチスクリーンで操作します。GPSを把握するとゴルフ場は自動で表示されますので、複数表示された場合は自分のプレーするゴルフ場とスタートホールを選択すれば操作は完了です。

3)GPSで位置情報をすばやくキャッチし、フルカラーのコース上にグリーン、ハザード、ドッグレッグまでの正確な距離を表示

画面に距離とコースレイアウトが表示されますので、初めてのゴルフ場でもおおよその戦略が考えられます。 グリーンの近くに行くとグリーンの表示に自動で切り替わります。グリーン中央までとエッジまでの距離が表示されます。 スコア記録機能として各ホール終了後に打数とパット数を入力できます。

4)工具いらずのQuickFit™バンドでシーンに合わせたスタイルチェンジが可能

時計バンドは変更可能のようですが、やったことがありません

5)全世界40,000以上のゴルフコース対応(一部ダウンロード)

日本でもタイでも今のとこと全コースが対応されていました。年に数回コースデータの更新がインターネットで配信されます。

6)バッテリー寿命:時計モード最大10日間、GPSモード最大10時間

一ラウンド18ホール終了後の電池残量は40%くらいですので、ゴルフであれば一日丸々プレー可能です

製品説明は以上です。

キャディさんがいても、自分の聞き違いとか勘違いもあるので、不安な時は、GPSナビで確認すると自信をもってショットできます。

その他、おもしろい機能としては、プレー終了後にスマホにデータをアップロードしてアプリ上のコースマップでどこ打ったか記録が画面で見える機能があります。

使用したクラブと各ショットの飛距離も自動登録されるます。  時計とスマホを接続しデータをGarmin Golfアプリで表示できます。 (これはスマホの画面のキャプチャーです。) 一打目:ドライバーで219ヤード 二打目:5Wでチョロして右の林に打ち込む 三打目:5Iで脱出 。。。 最後はパターで2パット というのが図形で再現できています。

-Golf, Product Review, Thailand
-

Copyright© okablog , 2018 All Rights Reserved.