enjoy cool life

okablog

Product Review Thailand

タイのおすすめドリンク

更新日:

かつてタイでコーヒーといえば、コンデンスミルク入のあま~いコーヒーがデフォルトの時代がありました。
最近はスタバなどのカフェも都心を中心に増加しあまくないコーヒーに伝統のコーヒーがすっかり置き換えられた感があります。

しかしながら、まだまだタイらしい風味の飲料も多いので、タイでよく飲むものをご紹介します。

ゴルフ場で飲む

ゲータレード(レモンかオレンジかブルー)
 ペットボトルの冷えたゲータレードは、ゴルフ場の売店にデフォであります。うすくちで、あまり味がしないゲータレードは、水代わりに汗をかいたときにとてもあいます。

・バーディ 缶コーヒー
ゴルフ場ではネーミングを験担ぎに飲む人が多いのか缶コーヒーといえばバーディです。
2012年度に チュラーロンコーン大学より「Most Powerful Brand 2012」を受賞するなど、30〜40代の男性に支持されているそうです。味の素の製品です。

コンビニでお買い物する飲料

・コカコーラ
かつてタイでコーラといえばペプシを指す時代がありましたが、最近はコカコーラが逆転したかもしれません。ダイエットコークが人気あるようです。

・エナジードリンク
タイのオリジナルのエナジードリンクがいろいろあります。日本のライセンス生産の”リポビタンD”は元祖タイの栄養ドリンクですが、インスパイアされた赤い雄牛がトレードマークの”グラティン・デーン(krating daeng)”、またそれに対抗したのかタイの有名ミュージシャンの赤い水牛マークがトレードの”garabao daeng”、や”エムロイ・ハーシップ(M−150)”が有名です。いろいろありますが、炭酸の有無、タウリンなどの薬効成分の有無等で別れますが、いずれも10〜15バーツ程度と日本よりかなり格安で販売されています。

・あまいペットボトルの緑茶
昔は超甘いコーヒーがタイコーヒーのメジャーな飲み方でしたが、緑茶に関しても砂糖を入れた甘い緑茶飲料がまだまだメインかもしれません。最近はNo Sugerで販売されているものもありますが、わざわざNo Sugerと記載しているように、デフォは砂糖入りです。しかし、午後の紅茶感覚で飲めば、けっこういけると思います。 Oishi社の緑茶飲料が有名です。

・女子向け飲料
あきらかに女性をターゲットとした飲料もあります。
スパー spy ”というブランドのワインクーラー系の飲料で、色が鮮やかなおしゃれ系のボトルに入っています。炭酸入だったりとにかく種類がたくさんありますので、どれが美味しいのかわかりません。しかし、アルコールは5%とビール並みに入っているので、飲み過ぎ注意飲料です。発音がやや難しくわたしにはスパーと聞こえます。スパイというと、よくスプライトと間違われます。

その他、ザクロジュース は、女子向けに屋台でボトルに氷につけて販売。日焼け美容対策に効果ありと言われている。 定番一押しは、スイカジュース(テンモー ジュース)です。新鮮なしぼりたてスイカジュースはタイのほとんどどのレストランでもメニューにあり、安くて美味しいのでいつも飲んでいます。

-Product Review, Thailand

Copyright© okablog , 2019 All Rights Reserved.